FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タモリ「笑っていいとも!」降板 ついに始まった超大物切り

「ついにきたか、超大物受難の時代が…」
 週刊新潮編集部から、「笑っていいとも!」からタモリ降板のコメントを求められたとき、ついにテレビ局の大物リストラが始まったと実感した。番組制作費用削減が進んでいる現在、あのタモリさえも切られるのである。キー局の幹部はテレビ界の裏事情を解説する。

 「タモリのギャラは200万から300万円と聞いています。スポンサー値段の安い昼の時間帯では、普通これだけギャラは払えません。しかし10%以上の高視聴率があったので支払うことができたのです。しかし制作費削減が進んでいる現在、払えきれない」と話し、さらに「これだけの大物が降板する場合、番組を終了させて新番組を立ち上げるのですが、番組は続行する。これは明らかに経費削減のタレント切りです」と断言する。
 タモリといえば「笑っていいとも!」で30年近く君臨してきた。そのタモリと共に番組が殉死しない一つの理由は、タモリ不必要の声が以前からあったこと。番組には中居正広をはじめ香取慎吾、草薙剛などのSMAPのメンバー、笑福亭鶴瓶、爆笑問題などの人気笑いタレントも多数出演している。この顔ぶれを見る限りタモリの必要性は希薄になっていた。今年8月に64歳を迎えるだけに、トークの切れ味もかなり落ちていた。かつてタモリは「テレビ界のサラリーマン」と報じられたことがあるが、だとすれば「定年」を迎えたのだろう。

 考えてみれば、テレビ局の大物切りはすでに始まっている。同じ時間帯の日本テレビ「おもいッきりイイTV」のみのもんたも3月には番組を降板する。「これはマンネリ化による視聴率の低下とみのさんのギャラが高すぎるからです」と日テレ関係者。さらに同じ時間帯の福澤朗の「ピンポン!」も終了するが、「低視聴率と福澤のギャラが高すぎるための福澤切りです」とTBS関係者は断言する。
 テレビ局の大物切りについては、再三に渡って触れてきたが、テレビ界の大物リストラの始まりと言ってよい。すでに徳光和夫が番組を外れ、福留功はメーン番組がなくなりバラエティー番組の「サンデー・ジャポン」のひな壇コメンテーターに登場している有様だ。今までだったら考えられないことだが、それだけ仕事がなくなっているのだろう。
 こうなると、深刻なのが芸能プロダクションだ。芸能プロの経営はテレビ局のギャラで成り立っている以上、不況の影響をまともに受ける。テレビ不況はますます深刻化して、大物出演者の大幅入れ替えはますます加速する。

テレビ局も不況の影響なんですね。




次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!

スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

よしよし_1

Author:よしよし_1
FC2ブログへようこそ!
ニュース等を中心に更新します。
見てくれるだけでいいですが、一言書いてくれるとうれしいな。
よろしく。興味のあるところはクリックしてね。


アフィリエイト・SEO対策



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。